その他

2メートルくらいの高さから飛び降りてかかとの骨を骨折(4日目から7日目)

※今回の記事は個人の感想を含みます

かかと骨折4日目の朝に手術

前日の24時から絶食となり朝の9時30分頃から手術でした。

手術室まで車椅子で連れていかれ、ベッドに横になると担当の先生から簡単に予定を告げられました。

  • 全身麻酔かけるので背中に注射します
  • もし目が覚めても麻酔が効いているので感覚はなく、体も動かないので問題ない

先生からは寝ている間に全部終わるけど、起きといてもいいよ?と言われたが冗談だと思いたい。

でも、ちょっとどんな感じなのかは見てみたい気もしたので複雑な気分(>_<)

横向きになって背中に注射をされる時の感覚は脊椎に異物がぶにゅーっと入ってくるくらいの違和感であまり痛くはなかった。

徐々に下半身がポカポカする感じになり、それは麻酔が効いてきた証拠だと言われてました

呼吸器(麻酔?)を付けられると、次に意識がもどったのはベッドの上でした。

骨折手術後の衝撃

陥没した部分を調整するためのワイヤーが2本入っているらしく、くるぶしの後ろ辺りから予想の5倍くらい長く飛び出している

患部を確認した後は、妙に股間周辺が熱くて違和感を感じてみると電気毛布をかけられて、更にいつの間にかボクサーパンツがオムツにフォームチェンジされていた((((;゚Д゚)))))

しばし考えると麻酔で筋肉が緩くなり、漏れてくるから仕方ないのかと勝手に納得してほのかに麻酔の感覚が残る中眠りについた。

骨折手術後、意識がハッキリして更に衝撃の発見

陰部に痛みが走り、意識がハッキリして確認すると衝撃の光景が股間に広がってました。

尿道にチューブが刺さってる?

いや、チューブが尿道から生えている?

説明受けてなかったので頭がおかしくなったかと思いました

とりあえず尿意を感じる前にチューブを通ってベッド下にある容器に繋がって勝手に流れるようです。

あまりに違和感や痛みが酷いなら外しますと言われたが点滴から入る量と身体から出る量を確認する為だと言われたので約1日ちょっと我慢する羽目になりました。

忘れた頃に疼いて骨折患部も痛いがこちらも酷く痛む。

例えるなら尿道にチューブが張り付いて動くと時折、針で刺されるような痛みです。

夜中は骨折の痛みと尿道の痛みで寝返りもできず辛い一晩でした。

かかと骨折5日目 (手術後2日目)

あまり見た目はわからないですがスネ辺りまで腫れて少し黄色くなってました。

午前中には尿道カテーテルも抜いてもらえるらしいので早く外して解放して欲しい気持ちがいっぱいです。

オムツも少しずつ漏れた尿が溜まって中々に不快だ( ; _ ; )

時間が来てやっと尿道カテーテルを抜いて頂きましたm(_ _)m

少し痛いがズルズルんとすぐ終わって、尿道がバグったような感覚(>_<)

後でトイレに行くと!めちゃくちゃ痛い!尿道がめくれた感じで力むのも億劫だよ!

回復するまでは尿漏れも個人差で発生するようなので尿漏れパッドは準備した方がいいかも( ; _ ; )

今日の昼からリハビリ開始。

完全に腫れて動きも悪いので最初はゆる〜く足首と指先のストレッチを40分くらいして終わりました。

思いのほか自力で動かすことが難しく、動かす度にプルプルしてやべーなと自覚。

担当のお兄ちゃんからは暇な時は自分でストレッチして浮腫が取れるように足を高くあげといて下さいと念押しされました。

かかと骨折6日目(手術後3日目)

指先までしっかり浮腫んでおり、足の裏にも内出血があることに今日気づきました。

まだ尿道の痛みを感じつつお昼前にリハビリです。

担当のお兄ちゃんからは自力でリハビリルームに来れる人は助かると言われたのでぼちぼち自分で向かいました。

まだ浮腫んでいますが昨日の夕方から自分でストレッチなどをしていたので前日よりも可動範囲が広くなった気がします。

たまに担当のお兄ちゃんがきてくれてマッサージしてくれたり、次のやり方を教えてもらって基本セルフで40分ほどして帰りました。

病院食は普通なんですがご飯の量が140gと少なめなので量を増やして貰えるように看護師さんにお願いしていたら夜はご飯の量が200gになって出てきました。増えたのは米の量だけで仕方ないのかーといった感じ。

おかずの量も男性からすると凄く少ないので病院内のコンビニでふりかけを入手。これが無いと白米だけ余ってしまうので必須。

かかと骨折7日目(手術後4日目)

やっと指先の浮腫も落ち着いてきてくれた。後は足首周辺と足の甲の浮腫が取れてくれたらだいぶマシになりそうな感じ。

内出血の色味も気持ち良く薄くなってくれた気がする(^-^)

今日も昼からリハビリ行ったら担当さんから自力での可動範囲広がっていたので褒められてました。早く良くなって職場にも復帰したいですからね。

担当医やリハビリのお兄ちゃんの話では踵の骨折はやはり後々痛みが残りやすい方が多いそうです。恐怖心ばかり与えてすみませんと謝られましたけど、その可能性も充分あるわけで楽観的には見られないので教えて貰える方が助かります。

The following two tabs change content below.

MIHARU

サービス業に携わって今や雇われ店長。 ネットで副業を目指して一歩ずつ前進中。 自らが体験したことを雑記ブログで記録していきたいと思ってます。

-その他
-,

© 2022 非才の身でもやる Powered by AFFINGER5